「おりもの」とは?
子宮、膣、汗腺からの分泌物など、子宮や膣から”おりるもの”すべてが混じりあった”粘性のある液体”がおりものです。

▼お試し価値あり!におい・おりもの対策!デリケートゾーンをインクリアジェルでケア
一般的な洗浄器とは違い、ジェルを腟に注入し、腟内環境改善をサポートします。
お薬ではないので、副作用の心配もありません。
におい・おりもの対策


おりものは、膣内を清潔にするお掃除屋さんの働きをするのです。
・外部からの雑菌の侵入を防ぐ自浄作用があります。
・特に排卵日前になるとおりものの量が増えますが、これは精子が子宮内に進入しやすいように手助けしているのです。つまり受精の手助けをしてくれます。


おりものは、成人の女性であればだれにだってあるものなんです。
”わずらわしいもの”と考えられがちですが、女性の体にとってなくてはならない働きをしてます。
おりものは決して特別なものではないということ、知って頂きたいですね。


「おりものの量が気になる」という人が多いようですが、量にはかなり個人差があります。
汗かきの人とそうでない人がいるように、おりものが多い人、少ない人がいるんです。


通常おりものは、透明や淡黄色をしていますが、卵巣から分泌される女性ホルモンの量や種類(卵胞ホルモン・黄体ホルモン)によって、周期的に変化します。月経の後は、少量の白っぽいおりものが見られ、次第に量が増加。

排卵期になるとドロっとしたおりものと一緒に、卵白に似た透明な粘液が出ます。場合によっては血液が混ざることも。その後は白色の状態に戻り、量も減少します。日頃からおりものの量や状態を観察して、自分の周期を知っておくとよいでしょう。

卵胞期前半
生理後のこの時期はもっともおりものの量は少なく、さらりとした粘りのない状態

排卵前
おりものの量がもっとも堪える時期。この時期のおりものは、透明でドロッとした卵の白身のような状態で、さわると糸を引くように粘りけがあるのが特徴。においは強くありません。

黄体期
おりものの量はピークを過ぎ、白濁した、のりのような状態になります。下着につくと、黄色っぽく見えることも。

生理前
再びおりものの量が増えます。おりものは白濁した状態で、下着につくと、黄色っぽく見えることも。においはやや強くなります。


10代前半 女性ホルモンの分泌が高まり初潮をむかえる思春期。

おりものも基本的に分泌されるようになります。
量は、まだ少なめです。
—————————————————————————
20代 20歳過ぎぐらいから、女性ホルモンの分泌がピークを迎える成熟期。
おりものの量は次第に増えますが、ニオイは強くありません。
妊娠時 妊娠中は女性ホルモンの分泌が高まります。それにともない、
胎児を細菌から守るため、おりものの量は多くなります。

—————————————————————————

30代 30代半ばぐらいから、卵巣機能が充実している成熟期の後期に入ります。
量は引き続き多めですが、新陳代謝の低下にともないニオイはきつくなる傾向に。

—————————————————————————

40代 女性ホルモンを分泌している卵巣機能が徐々に衰え、量も次第に少なくなっていきます。
閉経期が近づくと、おりものの量も少なくなります。

▼お試し価値あり!におい・おりもの対策!デリケートゾーンをインクリアジェルでケア
一般的な洗浄器とは違い、ジェルを腟に注入し、腟内環境改善をサポートします。
お薬ではないので、副作用の心配もありません。
におい・おりもの対策

デリケートゾーンの黒ずみ消す

スポンサーリンク