婦人科の選び方

女性医師転職

婦人科のかかり方と選び方

このサイトは、特に女医さんに診察を受けることを推奨していることではありません。
あくまでも女医さんがいる婦人科を紹介しているサイトです。

女医さんがうる病院婦人科だからといって、女性の医師のほうがいいとは限りません。
確かに女性同士のほうが話しやすいというお気持ちはわかりますが、ていねいでやさしい対応をする男性医師はたくさんいますし、なかにはそっけない態度をとる女性医師もいるかもしれないからです。

人数的に見てもも男性医師のほうがずっと多いですので、「絶対に女医さんがいい」とこだわるのは考えものです。
たとえばガンを専門にする女性の医師などは数が少ないので、「男の先生はイヤ」などといっていると、専門医の診察を受けられなくなってしまいます。

ご自分の病気については、女医さんだけが絶対にいいという固定概念は捨ててください。
それよりも大事なのはご自分の病気を早期発見、早期予防をすることを優先してください。

婦人科は女性のからだの専門科

婦人科は、妊娠、、出産のほかにも月経に関すること、子宮や卵巣など女性器の病気、女性ホルモンに関係することや避妊、性感染症のことまでをトータルに診て、治療する専門科です。
心配なことがあったら、迷わず婦人科に相談してください。


初めての受診では、性体験のことや妊娠の回数と時期、中絶経験があればその時期と回数を聞かれることがあります。
これらはすべて、診断のために大切な情報です。隠さずに正直に伝えましょう。

尚、婦人科にかかる前には、最終月経日を確認し、基礎体温をつけているなら体温表を持参し、いつからどんな症状なのかをまとめておきましょう。

婦人科の選び方

婦人科の病気の相談や治療、婦人科検診を受ける、あるいは避妊の相談をしたいときなどは、身近なクリニックがよいでしょう。
できれば、受診したことのある人に評判を聞いて「ここなら」と思えるところを選びましょう。
何かあったときや治療が長引いたときのためにも、通院のしやすさは大切な判断基準です。


「漢方治療が受けたい」といった、明確な希望がある場合は、希望にあったクリニックを探して受診することです。
また、総合病院や大学病院は、入院や手術が必要になったときに、かかりつけ医からの紹介で受診するのが一般的。
ただし、婦人科以外に慢性の病気がある場合は、他科と連携のとりやすい大病院のほうが都合のいいこともあります。

なお、費用は、たいてい健康保険が使えますが、避妊や月経痛を緩和するためのピルの処方、公費以外のがん検診などでは、自費診療になることあります。

初めて婦人科にかかるときの注意
膣の中は洗わない
おりもの検査のときに、正確な結果が出ないこともあります。
内診しやすい服装で
ズボンよりスカートのほうが内診のときの着脱が楽です。
聞かれたことに正確に答える
性体験や中絶経験も大切な情報です。隠さずに答えるように。
医師には素直な気持ちで
医師とのコミュニケーションも大切です。できるだけ素直なきもちで医師に接するように。

性感染症については、性感染症にならないための基礎知識と予防法をご参照ください。

関連記事

ページ上部へ戻る