最新の治療を受けるポイント

ウィミンズクリニック札幌

婦人科の病気のなかには、診断が難しいものや、新しい治療法がどんどん開発されているものがたくさんあります。

たとえば、卵巣の良性の腫瘍は、以前は開腹手術をして、2週間近く入院しなければなりませんでしたが、現在は腹腔鏡(ふくくうきょう)を使って、腫瘍を取り除くことができるようになりました。

この方法なら、入院は1週間程度ですみ、手術後の痛みも少なく、おなかに小さな穴をあけるだけなので、小さな傷しか残りません。

このような新しい治療法は、どこの病院でもできるというわけではありませんから、医師を選ぶときには、診てもらいたい病気について、豊富な経験や最新の知識、技術をもっているかどうかも大切なポイントになります。

受診時の注意点
婦人科の診察といっても内科に行くのと同じです。特別なことはありませんが、ちょっとした気配りで、安心して診察に望むことができます。

すその広がったフレアースカートなら、はいたまま内診をうけることができるので、診察を受ける時間が短くてすみます。

2. 顔色がわかるよう、メイクは薄めに。

3. 受診前に母体の中まで洗わない。
おりものの検査などができなくなります。

4. 受診前日の性生活はひかえる。

5. 症状・月経周期などを説明できるように。
基礎体温表も持参して行くと、診察するときの重要な手がかりになります。

受診時の持ち物

1. 健康保険証

2. 基礎体温表か月経周期がわかるメモ

3. 症状を詳しく書いたメモ

4. 本や雑誌、CDプレイヤーなど待ち時間が長いとき、リラックスできるグッズも必要です。

5. おしぼりや清浄綿
内診前に洗っておく必要はないのですが、それが気になって「はずかしい」という気持ちが増すといけないので、いつでもトイレでふけるようにしておくとよいでしょう。

6. ナプキンなど
検査で少し出血することがあります。病院で手当てしてくれますが、予備を持っていると安心です。

関連記事

ページ上部へ戻る