婦人科検診のQ&A

婦人科検診
問診で、医師に情報を提供しましょう。

初診では、まず問診が行われます。
初潮年齢や月経周期、最終月経日など、即答しにくいことはあらかじめメモをしておくとよいでしょう。
職場や自宅に近い婦人科検診ができる病院がすぐ見つかります▼
婦人科検診
【問診】
初めて会う患者さんの基本的な情報を得て診断と治療に役立てるためのもの。
別の科にかかっても必ず聞かれますが、婦人科で聞かれることは女性ならではの質問が多く、中には答えにくい質問もあります。

でも、正確な診断と治療のためですから、隠さず話すようにしましょう。聞かれる内容はおよそ次の通りです。< ・来院理由
どんな症状が、いつから続いているか?

<・月経について
初潮年齢、月経周期、最終月経、月経量、月経痛の有無

・妊娠・出産経験
未経験者と経験者では、予想される疾患が変わることがあります。
また、性体験の有無も診察方法を決めるための重要な情報です。

・妊娠中絶・流産・早産経験
過去の中絶回数と時期、流産、早産の経験があれば妊娠何週だったかなど。

・過去にかかった病気
婦人科の病気や手術の経験があれば、具体的に婦人科以外の病気や、現在治療中の病気、服用中の薬も伝えます。


内診で詳しく診る

内診は、婦人科の基本的な診察。
方法は、下着を脱いで内診台に乗り、開脚姿勢になります。
医師は膣鏡(ちっきょう)という機械を膣に入れて、膣内と子宮の入り口の状態を診ます。

次に手袋をつけて、膣内に指を入れて、反対の手でおなかを押さえて、子宮や卵巣の状態を診察します。内診では、外陰部や膣の状態、おりものの状態、周囲の臓器との関係、卵巣腫瘍の有無などがわかります。

内診はさほど時間もかかりません。
緊張してからだが硬くなっていると診察しにくいうえ、痛みを感じることもあります。
できるだけリラックスして受けましょう。

気になる婦人科検診のQ&A

子宮がんや乳がんが若い世代に増えていると聞くと、気になりますよね婦人科検診のこと。
不調がなくても健診に行くべきか、どんな検査をするのか、いろいろ疑問がわいてきます。
そんな気になる点を、実際に健診を受けた私が、先生にお聞きしたコメントを疑問別に紹介します。

Q:今のところ不調はないけれど、受診したほうがいいの?
A:婦人科検診の一番の目的は、子宮がん、乳がんなどの病気の早期発見です。がんの中でも早く発見すれば、治癒率の高い病気です。でも痛みやなんらかのトラブルなどの自覚症状が出てから見つかった場合、治癒に時間も費用もかかってしまいます。
不調がなくても、定期的に受けていれば、ごく初期の段階で見つけれらます。
(なにもなければ自分自身が安心できますからね)

Q:どこで受けられるのですか?

A:婦人科や自治体の指定施設などで受けられます。
自治体の補助を受ける場合は、自治体が指定する病院や検査センターなどで受けることになります。
全額自己負担の場合は、子宮がんは婦人科、乳がんは乳腺外来になります。(ただし乳がんの触診だけならば、婦人科で受けることもできます)
乳腺外来はマンモグラフィーで詳しい検査ができます。(ちょっと痛かったけど)
婦人科のなかには乳腺外来を併設しているところもあるのでよく調べてみましょう。

自己負担で検診施設を探す場合は、電話で予約の有無や料金について問い合わせましょう。
その時の対応で、病院の雰囲気を知ることもできますからね。

Q:費用はどのくらい?

A:多くの自治体が乳がんと子宮がんの検査費用を負担していますが、その割合や対象は自治体によって異なります。受診者全員が検査料の一部を負担する場合、20代は一部負担、40代以上は無料などさまざま。また個別に婦人科や女性外来で受ける場合は、健康保険が使えないので自費診療となり、乳がん、子宮がんそれぞれ1~2万円ほどかかります。
ただし不正出血や痛みなどの症状があって受診する場合は、保健が適応されます。
費用については、受診前に確認することが大切でしょうね。

Q:何おきにうけたらいいのでしょうか?
A:1年に1回が理想的です。
年齢にもよりますが、乳がん・子宮がんどちらも1年に1回が理想です。
自治体によっては補助が出るのが、2年に1度という場合があります。
私の場合、自治体での受診が2年に1度だったので、翌年は自己負担で受診しています。
(毎年受診するかたちですが、安心感がちがいますよ)
職場や自宅に近い婦人科検診ができる病院がすぐ見つかります▼
婦人科検診

関連記事

ページ上部へ戻る